ホーム > 消化器内視鏡 > 胃カメラ(胃内視鏡)

胃カメラについて

胃カメラについて

こんな症状ありませんか?

  • 食事の際に喉がつかえる
  • 胃がひどく痛む
  • 胃もたれ、胸やけ、不快感が続く

これらは「胃がん」や「食道がん」である可能性があります。
そうでなくとも「胃炎」「胃潰瘍」「胃ポリープ」「逆流性食道炎」の症状かもしれません。
少しでも気になる点があれば、お気軽にご相談ください。

内視鏡検査(胃カメラ)とは

内視鏡検査とは
当院では鼻からカメラを挿入する「経鼻型」と、口から挿入する「経口型」の両方の内視鏡をご用意していますが、大抵は経口型の内視鏡を使用します。

一般的に経口型内視鏡は苦痛が大きいとされます。
しかし当院ではリスク管理の経験豊富な医師による鎮静剤の注射をおこなうため、経口型でも嘔吐反射などの一切の苦痛がないまま検査をお受けいただけます

患者さまにとっては、気持ちよく眠っている間にいつのまにか検査が終わっていたという感覚です。
鎮静剤についても、副作用がきわめて少なく、また麻酔のキレのよいタイプのものを安全に使用してまいります。

また検査でポリープなどが発見された場合、内視鏡でそのまま切除できるため、入院のご負担もありません。
基本的に上部内視鏡検査(胃カメラ)は予約検査ですが、急な症状などで緊急検査を行う必要があると判断した場合は、ほかの病気で内服薬を使用しておらず、また絶食してのご来院であれば当日飛び込みの検査も可能です(ただし通常より長くお待ちいただく可能性が高いことをご了承ください)。

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査
内視鏡に超音波検査のプローブを付けたものが、超音波内視鏡(EUS)と呼ばれるものです。
これを使うことで、通常の内視鏡では発見できない膵臓や胆嚢の腫瘍を発見することが可能となります。

当院では内視鏡に挿入する細径超音波プローブと、超音波検査専用のコンベックス型内視鏡の両機種を取り揃え、幅広い患者さまに対応しております。

検査方法は内視鏡検査と同じですが、通常のものと比べて先端が太く硬いことから不快感が強く、また検査に要する時間も長めとなります。
そのため鎮静剤を使用し、患者さまが気持ちよく眠っている間に苦痛なく検査をお受けいただけるようにしています。

胃カメラ検査の流れ

1.検査前日
1.検査前日

夕食は夜21時までに済ませていただき、以降は水分以外の摂取はお控えください。

2.検査当日
2.検査当日

検査を行うまで絶食してください
(検査予約時間の2時間前までは、少量の水分摂取であれば問題ございません)。

3.検査後
3.検査後

検査終了から1時間ほどで喉の麻酔が切れます。
そこで水分を少量摂取していただき、むせないようであれば軽食をおとりいただいても大丈夫です。

(組織検査をお受けになられた方は、当日の刺激物や脂っこいものの食事、また飲酒はお控えください)

検査費用の目安

症状によって検査内容や費用は異なりますので、滋賀県大津の石山駅近くにある、いしやま内科整形外科にお問い合わせ下さい。
077-574-7700 医療法人社団湖光会 いしやま内科整形外科 消化器内視鏡・胃内バルーン・こどもの整形外科ガイド