いしやま内科整形外科 ブログ

2015年2月27日 金曜日

消化器内視鏡科での治療を希望する方は滋賀県大津市にある当院へ

消化器内視鏡科でおこなうことができる病気や怪我は、
食道や大腸の早期癌に対する内視鏡的治療を初めとして多数あります。
この内視鏡についての治療について知らない方も多いと思います。
内視鏡治療の大きなメリットは、
患者様に苦痛を与えることがない上に、
安全で質の高い治療がおこなえることです。
咽頭反射の強い方や不安の強い方には静脈麻酔薬を使い、
沈静下の検査や極細径内視鏡を使った経鼻内視鏡検査もおこなうことが可能であり、
多くの方にこの治療法が選らばれています。

以前は必ず外科的手術が必要だった病気や怪我に対し、
消化器内視鏡科で治療をすれば、不安の大きい外科的手術を避けることができます。
どんなに専門家の方に安心と言われても、
いざ外科的手術をおこなうとなると、
不安な気持ちが大きいはずです。
そのため、この内視鏡治療は、上記のメリットがあるので、
不安があるという方も治療に前向きになりやすいはずです。
食道、胃、大腸などに関するお悩みや問題を抱えている方は、
滋賀県大津市にある当院にお越しください。
当院でおこなうことができる内視鏡治療に当てはまる病気や怪我の可能性もあります。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年2月24日 火曜日

整形外科での治療は滋賀県大津市にある当院をご利用ください

整形外科では、骨折や捻挫といった怪我の治療以外にも、
様々な治療をおこなうことができます。
特殊な治療の場合だと、特に治療費が気になるという方が多く、
治療費に関しては、把握しておく必要があります。

関節痛の治療の場合は、PRP治療で約10万円の治療費がかかり、
高分子ヒアルロン酸の関節内注射治療の場合は約3万円となっています。
O脚やX脚の治療の場合は、
脛骨高位骨切り術で片足のみで約150万円、
脛骨ドーム状骨切り術になると約200万円かかります。
ヘルニアのレーザー治療の場合は、
1か所で約37万円、2か所で約42万円となっています。

骨折や捻挫の治療の場合は、
普段から整形外科を利用して治療をおこなう方が多いため、
料金についてなんとなくでも把握している方が多いですが、
上記のような大がかりで特殊な治療をおこなう場合は、
これだけの高額な治療費がかかることを御存じではない方は少なくありません。
できることなら治療をしたいけれど、
お金の面がネックで治療ができないという方も多いはずです。
治療に興味があるという方は、
滋賀県大津市にある当院にご相談ください。
支払い方法などについての良い提案をおこなっています。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年2月20日 金曜日

消化器内視鏡科での治療は滋賀県大津市にある当院へ

食道癌や胃癌などを取り除く際には、
外科的手術が必要という認識がある方もいるでしょう。
確かに今でも外科的手術で取り除くという方もいますが、
半数以上の方が、消化器内視鏡科で内視鏡的切除で治療しています。
早期胃癌と診断された患者様の中には、
胃を取り去ることなく治療をしたいと思う方も多数いるはずです。
こういった希望がある方は、
内視鏡的粘膜下層剥離術にて癌を克服できる時代となったので、
消化器内視鏡科を利用して治療をおこなうことを検討してみてはいかがでしょうか。
この新しい治療法は、日本発の新しい治療法として全世界に注目されており、
今後さらにニーズが高まっていくと予想されています。

この治療をおこなうメリットは、
とにかく患者様の身体に負担が少ないということです。
外科的手術の場合は、どうしてもリスクがつきものとなり、
体力的な問題で手術をおこなえないという方もいます。
一方、消化器内視鏡科の内視鏡的粘膜下層剥離術では、
ほとんどの方が治療をおこなうことが可能であり、
身体の負担の心配も少ないです。
この治療に興味がある方は、
まずは一度お気軽に滋賀県大津市にある当院にお越しください。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年2月13日 金曜日

整形外科の治療の際には滋賀県大津市にある当院をご利用ください

打撲、切り傷、骨折などの時には、
整形外科を利用して治療をする方がほとんどでしょう。
しかし、痛風や骨粗鬆症といったものが治療できることを知らない方は多いです。
痛風は、足の親指の付け根に激しい痛みがでるのが特徴であり、
足以外の関節にも痛みがあることもあります。
痛風になる原因は、血液中の尿酸の値が高い状態が続くことや、
急に変化することによっておこります。
食生活やアルコールなどが原因とよく言われていますが、
尿酸を体内で処理する能力が不十分なことが原因なケースもあります。
治療をおこなう際には、血液検査やレントゲン検査などで確認した後に、
内服薬での治療となります。
最悪の場合は、人工透析治療が必要になるケースもあるので、
十分に気を付けないといけません。

骨粗鬆症は、年齢が重ねてホルモンの作用の変化が起こり、
50歳頃から徐々に骨がもろくなるものです。
転んで手をついただけで骨が折れるということも多く、
日常生生活を送る上で大きなネックとなります。
該当していると思う方は、
レントゲンを一枚撮影して解析することで、
骨密度を測定することができる上に、
血液検査でも詳しく骨の状態を確認することも可能なので、
滋賀県大津市にある当院にお越しください。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年2月 6日 金曜日

消化器内視鏡科での治療は滋賀県大津市にある当院にお任せください

消化器内視鏡科では、内視鏡による食道や小腸などの診断と治療をおこないます。
取り扱う対象の代表は、悪性腫瘍です。
悪性腫瘍は、胃癌は死亡率が低下していると言われていますが、
依然として罹患者数は1位となっており、
ジャンクフードが主流となって食事が欧米化している方や、
アルコール摂取量の増加などで食道癌や大腸癌になる方は多くなっていっています。
そのため、日常生活の中で気を付けるとともに、
しっかり診断と治療をおこなうことが重要となります。

消化器内視鏡領域は非常に注目をされており、
その進歩は目覚ましいものです。
外科手術と同等に内視鏡的粘膜下層?離術がおこなわれており、
これから先の時代に必要となっていくのは間違いありません。
高齢者や全身合併症を有する患者様には、
治療の適応については安全を最優先しており、慎重に検討しているので、
高齢の方でも安心して消化器内視鏡科を利用できます。

食道や胃癌といった命に関わる病気になることは、
できるだけ避けるようにしないといけません。
そのために重要となるのが、普段の生活で原因を作らないことや、
消化器内視鏡科で診断と治療をすることです。
お悩みのことがある時には、
滋賀県大津市にある当院にお越しください。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

077-574-7700 医療法人社団湖光会 いしやま内科整形外科 消化器内視鏡・胃内バルーン・こどもの整形外科ガイド