いしやま内科整形外科 ブログ

2015年1月30日 金曜日

消化器内視鏡での深刻な病気の発見は滋賀県大津市にある当院へ

現在は高齢化傾向にあり、それに伴いがんを患う患者も増えています。
こういった深刻な病気は早期発見から治療を始める事によって、
回復が見込めたり、一命を取り留めたりするケースは少なくありません。

消化器官の病気の発見や治療に役立つのが消化器内視鏡です。
消化器内視鏡は別名胃カメラなどと呼ばれるものですが、
これによる検査を行なうには前日の21時から食事を取らない必要があります。

大腸などの検査となると臓器が入り組んでいる為に施術に時間がかかりますが、
胃などの部位であれば検査によっては15分程度で済む場合も多いです。
消化器内視鏡で検査してもらう事に不安を感じる方も少なくないでしょうが、
内視鏡は細く、しなやかな仕様のチューブで出来ているために、
検査を受ける患者様に出来る限り負担をかけないように作られています。

また、検査の際には痛みを和らげるためにのどの麻酔を行なうといった、
処置も行なわれるので安心です。
消化器官のがんは高齢者になればなるほどみられる病気でもありますので、
可能であれば定期的に検査を行なってもらう事が望ましいと言えます。

滋賀県大津市にある当院では消化器内視鏡での検査を行なっています。
もし、消化器官にご不安がある方は一度、当院にご相談頂ければと思います。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年1月27日 火曜日

整形外科を利用する際には滋賀県大津市にある当院へ

誰が見ても大けがと判断できる怪我をした時には、
整形外科に足を運ぶ方が多いですが、
肩こりや腰痛といったものの場合は、
放置しておく方が多いです。
肩こりや腰痛は慢性的なものであり、
放置しておけばおくほど治療が難しくなってしまいます。
高齢の方は特に肩コリや腰痛に悩まされている方が多いはずです。
毎日の生活で痛みを抱えたままではストレスになるでしょう。
治療をすることによって、
痛みの無い快適な生活を送ることができるので、
治療をしてみてはいかがでしょうか。

治療を開始する前に、まずは検査をおこないます。
この検査で問題がない場合は、
痛み止めを初めとした薬を活用して、
少しずつ痛みを和らげていきます。
すぐに治るというものではありませんが、
治療をせずに放置しておいたらどんどん悪化してしまいます。
我慢ができる痛みだからこそ放置していたのに、
その内我慢ができなくなってしまう痛みとなることもあります。

肩こりや痛みは慢性化してしまっている方が多く、
その痛みを当たり前と思っている方は少なくありません。
治療をし、痛みのない生活を送るようになった時に、
初めてこれが普通の生活と思う方も多く、治療後には満足されています。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年1月23日 金曜日

整形外科を利用する際には滋賀県大津市にある当院にお越しください

骨折や脱臼といった目に見えて異常があり、
治療が必要な時には、整形外科を利用して治療する方が多いはずですが、
肩こりや手のしびれといった症状の場合は、
その内治ると思って放置される方が多いです。
こういった症状も早めに治療をすれば治ることもありますが、
放置しておけばその分症状が進行してしまうので、
早めの治療を心がけるべきです。

整形外科では痛風や関節リウマチの治療が可能です。
痛風は足の親指の付け根の激しい痛みが特徴であり、
血液中の尿酸の値が高い状態が続くことや、
急に変化したりした場合に痛風発作が現れてしまいます。
原因となるのは食生活やアルコールなどが原因となる場合が多いですが、
尿酸を体内で処理する能力が不十分であることが原因のケースもあります。
血液検査やレントゲン検査などで確認した後に内服薬での治療をおこない、
完治させていきます。

館背リウマチは体内で免疫反応の不具合が生じて起こる疾患であり、
レントゲン検査や血液検査などで診断し、
投薬治療で病状をいい状態で維持できるようになってきています。
このほかにも治療できる怪我や病気があるので、
お気軽にお越しください。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年1月16日 金曜日

胃がんの治療は滋賀県大津市にある当院の消化器内視鏡でおこなおう

内視鏡を活用して、耳、鼻、尿路といった体中の穴から観察は可能であり、
消化器では口や肛門を通じて食道や胃から大腸までを観察し、
癌などの病気の診断や治療がおこなわれます。
内視鏡的に治療できる胃がんは、胃の表面だけであり、
リンパ筋や肝臓に転移してしまったものは、
外科的手術で治療をするしかありません。

胃がんで内視鏡を活用しての新しい治療は、
電気の流れる針のようなもので直接胃の内側を切り、剥ぎ取る方法です。
この方法の場合は、自由に胃を切れるので、
大きさに制限はありません。
以前は、針を用いてあらかじめがんの周囲を切っておき、
金属の輪をかけやすくして切るという方法が活用されていましたが、
この方法は、針の先端で胃に穴を開けてしまう危険性があります。
また、一回で取りきれないこともあるため、リスクがある方法です。
新しい治療法の場合は、取り残しがないため、
再発することも少ないという大きなメリットがあります。

胃がんの治療を考えている方は、
滋賀県大津市にある当院の消化器内視鏡を活用し、
治療することを検討してみてはいかがでしょうか。
該当する場合は、すぐに治療をおこなうことができ、
取り除くことができます。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

2015年1月 9日 金曜日

整形外科を利用する際には滋賀県大津市にある当院へ

骨折や捻挫などをした時には、
整形外科を利用して治療する方が多いでしょう。
しかし、慢性化してしまっている肩こりや腰痛は放置している方が多いです。
生活をする上で我慢している痛みや違和感がある方は、
治療をするのをおすすめしています。
たまにしか痛みを初めとした症状が出ない方の中には、
我慢をすれば問題ないと考えている方もいると思いますが、
ほかの箇所にも影響が出てくるケースも十分に考えられます。
まずは一度検査をすれば、どういった症状なのかを調べることができるので、
検査するようにしてください。

整形外科を利用してできる治療は多々あります。
痛みがある箇所の中には、まだ初期段階であり、
これからどんどん悪くなってしまうものもあります。
早めに治療をしておけば良かったと後悔することがないようにしてください。
症状が悪化してしまうと、どうしても治療期間が長くなってしまいます。
日常生活に支障があると、
学校生活や社会生活を送る上でのネックとなってしまいます。
お悩みの痛みや違和感がある方は、
滋賀県大津市にある整形外科の当院を一度ご利用ください。

投稿者 いしやま内科整形外科 | 記事URL

077-574-7700 医療法人社団湖光会 いしやま内科整形外科 消化器内視鏡・胃内バルーン・こどもの整形外科ガイド