ホーム > 消化器内視鏡 > 胃内バルーン

胃内バルーンについて

胃内バルーンについて

肥満でお悩みの方へ。「胃内バルーン減量術」はいかがでしょうか?

肥満でお悩みの方へ。「胃内バルーン減量術」はいかがでしょうか?
食生活の欧米化と慢性的な運動不足により、日本の肥満人口は過去40年間で約3倍に増加しました。
肥満症は「万病の元」とされ、高血圧や糖尿病だけでなく心筋梗塞や脳梗塞、さらに大腸癌など一部のガンの危険因子でもあります。

そこで肥満先進国ともいえる欧米で、「胃内バルーン療法」という方法が近年開発されました。
これは内視鏡(胃カメラ)で胃の中に風船(バルーン)を入れ、胃の容積を少なくすることで食事量を減らすというものです。
平均的に10~15㎏の体重減少と、肥満に伴う健康障害(糖尿病、高血圧、高脂血症、脂肪肝など)の改善が確認されています。

そこで滋賀県にあるいしやま内科整形外科でも、食事療法や運動療法で肥満が改善しないBMI 27以上の肥満症の方を対象に、滋賀病院と連携してこの胃内バルーン減量術を開始しています。
大阪や京都からもJP新快速でご来院頂けます。

最先端のダイエット、胃内バルーンとは?

胃内バルーンとはシリコンでできたもので、中に生理食塩水を入れて胃の中で膨らませます。
その間空腹感が減り、また胃の容積が減ることで食事の摂取量が減るという効果があります。

バルーンを置くのは最長で6カ月です。
これはバルーンによる腸閉塞などのリスクを避けるためでもありますが、何よりそれ以上使用しても半年を過ぎると胃がバルーンに適応してしまい減量効果が現れなくなるということが挙げられます。

胃内バルーンについて、ご不明点があれば滋賀県大津にかまえる、いしやま内科整形外科まで、ご連絡下さい。
JR石山駅から徒歩で来れますので大阪や京都から電車も来て頂いております。

適応条件

  • 基本的に、年齢20歳以上60歳未満の方
  • 胃の手術歴がない方
  • BMI(体重kg÷身長mの2乗)が27以上の方(例:172cm・80kgの方であれば、BMIは80÷(1.72×1.72)=27.04)

減量効果について

海外での統計によると、標準体重を上回る部分について、食事量や食べ方のほか、運動療法などで積極的な減量努力をすることなく、平均して体重の30~45%の減量に成功しているようです。
もちろんご本人の努力によって、それ以上の体重減少も可能です。

合併症について

海外の統計では胃内バルーン術の成功率、また減量の成功率のどちらも99%近くに達していますが、まれに起こる合併症の例として以下が報告されています。

  • 胃穿孔 0.19%
  • バルーンの破裂 0.36%
  • 食道炎 1.27%
  • 胃の閉塞 0.76%
  • 胃潰瘍 0.2%
  • 死亡例 0.08%

また一過性(術後数日~1週間程度)のものとして胃の不快感や食欲不振、吐き気などが起こる場合もあります。

診療の流れ

1.術前検査
1.術前検査

医師による診察をおこない、治療の概略をご説明します。
また採血検査、胃の内視鏡検査、専門スタッフによる食事指導と運動指導も受けていただく必要があります。

2.胃内バルーン留置
2.胃内バルーン留置

お口に麻酔をおこない、眠っている間にバルーンを入れます。

手技そのものは30分ほどで終わります。

3.退院・内服処方
3.退院・内服処方

退院後は2週間後に外来でご受診いただき、以後は1カ月ごとに検査をおこなって最長6カ月後にバルーンを抜去します。

費用

胃内バルーン減量術は全額自費治療です。

胃内バルーン減量術は日本肥満学会でも肥満治療としてコンセンサスが得られていますが、保険収載はされていませんので当院での胃内バルーン留置に関しては全額自費治療となります(費用はバルーン留置術+薬代で35万円となります)。胃内バルーン留置術は鎮静下で行いますので苦痛はほとんどありません。術後2-3日は”吐き気”が強いため1-3泊の入院をお勧めしています。入院期間はほとんどは1-3泊ですが吐き気の強さにより個人差があります(入院は当院近隣の指定病院に入院予約の手続きまで行います)。入院費は別途必要ですが、2泊入院(個室)+交通費でおよそ4-5万円です。

注意点

以下の方は胃内バルーン減量術をおこなうことができません。

  • 65歳以上の方
  • BMI25以下の方
  • 胃を切除されている方
  • 心肺機能に重度の低下がある方
  • 出血傾向のある方
  • 胃潰瘍など、食道、胃、十二指腸の治療中の方
  • 妊娠または授乳中の方
  • アルコール依存症、薬物依存症の方
  • 重症の精神疾患がある方
  • その他、医師が適応できないと判断した方

胃内バルーンについて、ご不明点があれば、大阪や京都からもご相談にご来院頂いております、滋賀県のいしやま内科整形外科までお気軽にお問い合わせ下さい。
077-574-7700 医療法人社団湖光会 いしやま内科整形外科 消化器内視鏡・胃内バルーン・こどもの整形外科ガイド